明日もなまけもの

なまけもの主婦の備忘録

毎日サボりたい。

こんにちは。

 

今日も明日もなまけていたい。なまけものです。

 

今週のお題は「サボりたいこと」です。

私にぴったりなお題なので、今回は理想のサボり生活について綴っていきます。

 

 

家事全般

お掃除、お洗濯、洗い物、お料理…。

細々したものも書き出したら、愚痴すら書いてしまいそうな家事。

 

一日中家事に追われているかと言われればそうではなく、

慣れたらそれほど負担にならないもの。

 

でも、だからこそ、冷静になれば「めんどくさい」と思ってしまうもの。

 

女性の家事はマルチタスク

大学時代の教授が言っていました。

 

炒め物をしながら、散らかった洋服を洗濯機に持っていき、

洗濯機を回している間に、お掃除して、火を見ながら乾いた洋服を畳む。

 

家事が集中するのは、朝、昼、夜。

家族が寝静まっても、溜まった家事を淡々と済ませ、

「やっと一息つける」のタイミングでまた降りかかる何か。

 

これを当たり前のように毎日こなす私。あなた。皆さん。

 

お疲れ様です。

 

私は、洗濯物を干すのが面倒で、乾燥機付きドラム洗濯機です。

もちろん洗剤と柔軟剤は自動投入。

 

洗い物を干す部分が汚くなるのが嫌、冬の洗い物は乾燥の敵。

備え付きの食洗機で、スイッチひとつで終わらしています。

 

料理も時短できたり、その場を離れることに魅力を感じて、

圧力鍋フライヤーは戦友です。

 

これだけ自動時短家電に助けられている私なので、もちろん彼もいます。

ルンバのベリック。プリズンブレイクシリーズで名付けました。笑)

 

家事はこの子達に頼って、時短しています。

またどこかの記事で登場する予定です☺︎

 

育児とお世話

お世話も育児に含まれるのでは?と思われたと思います。

このお世話とは、猫さんたちの基本お世話と、夫のお世話が含まれます。

 

育児は、子が生まれた瞬間から私の人生が終わるまで。

つまり、死ぬまで育児。(構えすぎ…?)

 

まだ自分の気持ちを言葉にできなくて、やっと態度で示し始めた我が子。

外出先で地団駄踏んでみたり、床に転がって暴れてみたり。

 

母は母を辞めたくなる。

 

猫さんのお世話は大変ではないし、負担でもない。

でもたまに頭をよぎる「しなくちゃいけない」というのが小さなストレスではある。

 

夫のお世話は生活のはみ出し。

脱ぎ捨てられた洋服、そのままの食器、食べ終わった後の机。

 

小さなお世話たちが私の脳内に転がっています。

 

最後に

一生なまけて生きていきたい。

私の座右の銘です。

 

人生そのものをサボりたい。なまけたい。

 

自分の好奇心センサー全開にして、興味が向けば飛び込みたい。

(犬…?)

 

いつか本物のなまけものになれるよう、今はなまけず頑張りたいと思います☺︎

 

今日も明日もなまけていたい、なまけものでした。